ノマドワーカーを実践する私の一日のタイムスケジュール -激務編①-

ノマドワーカーを実践する私の一日のタイムスケジュール -激務編①-

ノマドワーカーの激務な一日

ノマドワーキング(私)の働き方を紹介するシリーズの2つめです。

本日は激務編です(笑)。なぜか、本日は仕事がたんまり溜まっていて、非常に激務な一日となったので、本日のタイムスケジュールを紹介します。

 

9:00 起床

昨日、少し遅い時間まで仕事をしていたため、遅めの起床です。

本日はお客様のオフィスで打合せがあるため、外出の準備をします。パソコンと財布をかばんにいれるぐらいですが笑

 

 

9:30  〜  10:00 移動

電車での移動です。移動時間って本当に無駄ですよね・・・

移動時間は本を読むようにしているので、本日は嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えという本を読んでいました。

面白い本ですので、興味がある方は是非手にとってみてください。

 

 

10:00  〜  13:00 打合せと作業

お客様オフィスにて、打合せと作業をしました。

 

 

13:00  〜  14:00 取引先の人と食事

取引先と人と食事しました。取引先と言っても、友達なのでフランクに会話をしながら楽しく食事ができました。

 

 

14:00  〜  18:00 取引先にて作業

取引先でスペースを貸してもらって作業しました。

お客様と口頭で確認しながら、お客様の目の前で作業ができるのが、どこでも仕事ができるノマドワークのいいところですね。

 

 

18:00  〜  19:30 帰宅&飯

帰宅してご飯です。

本日は、スーパーで買ってきたお寿司です><

 

 

19:30  〜  23:00 仕事

たまっている仕事を一気にやりました。

 

 

23:00  〜  24:00 お風呂とか歯磨きとか

寝るための準備です。私の場合、寝る準備を万端にした状態で仕事をするのが好きです笑

 

 

24:00  〜  27:00 仕事したり、ブログ書いたり、勉強したり

最後の力を振り絞って仕事しています笑

ブログを書いたり、webの勉強も少しはするようにしています。

 

 

 

 

激務だけどつらくない。

移動時間を含めると、約15時間ぐらい働いていて、かなり激務な一日でしたが、全然辛くありませんでした。

作業内容自体が自分の好きなことですし、仕事の合間に取引先の人と楽しくご飯できたりして、仕事時間の長さが気にならないぐらい楽しいことが多い仕事です。自分の好きなことを仕事にすると一日中働いても、楽しく感じるため、激務っていう意識はないです。

 

ノマドワークは多様な働き方ができるため、長時間労働が嫌な人は、短く効率的に働くことも出来ます。本日の私の例は、忙しい働き方をすることもあるぞ!という1つの例として参考にしてみてくださいね!

 

もっとノマドワーカー増えろー!!!!

ノマドワーカーにオススメの本

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

場所にとらわれない働き方を実践して世界的に成功した37シグナルズに関する本です。ノマドワーカーに必要な考え方や、小さな会社の経営者が身につけるべき姿勢が記述されている現代の働き方マニュアルです。

AMAZON
  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

すべての働く人の希望でありたい
エンジニアやwebライター、動画制作、ゲーム実況・音楽事業など様々な仕事をしています。
社会人になってから、じぶんが心から楽しいと思える仕事に没頭してきました。
じぶんがハッピーに働いている姿を紹介して、働く人たちの希望になりたい!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない。たくさんの好きなことを仕事にしましょう!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE