なぜ、売れてないアーティストの言うことを聞き、成功していない上司の言うことを聞くの?

なぜ、売れてないアーティストの言うことを聞き、成功していない上司の言うことを聞くの?

成功している人のアドバイスをもらったほうがよくない?

artist-business-article

プロ目指して音楽をしていたときも、今フリーで仕事をしている時も、よく

 

「みんな、なんで、偉そうなだけで、結果を残していない人の言うことを聞くんだろう?」

って思います。

 

特にスピード出世をしているわけでないサラリーマンが「新入社員のうちは、寝ないで働いたほうがいいぞ。オレが一年目の時なんか、会社に泊まって仕事してたからな」って新入社員にドヤ顔で説教する。

売れていないアーティストが「こうすれば売れるから」とか「オレはこれぐらいすごいから」みたいな自慢をする。

 

もちろん、人間関係があるので、その場はちゃんと話を聞く必要があります。しかし、そういった人達のアドバイスを間に受ける子や、わざわざそういった人達にアドバイスをもらいに行く若い子たちがあまりにも多い印象があります。

 

なんで、結果を残していない態度だけ大きい人のアドバイスを聞きたいのでしょうか?

 

おそらく、若い子達がそういった人達のアドバイスを聞いてしまうのは、自分で考えることを放棄しているからでしょう。

「音楽で売れたい」「優秀なビジネスマンになりたい」と口ではいいつつも、「実際に売れるためにはどうすればいいんだろう」「優秀なビジネスマンになるためにはどうすればいいんだろう」とじっくりと脳みそがちぎれるくらい考えることをしていないのではないでしょうか?

 

自分で考えることをせずに手軽に答えを手に入れたいから、身近にいる成功していない偉そうな年上のアドバイスにすがってしまうのです。

 

どうせ、アドバイスをもらうのなら、「この人と同じぐらい成功したい!」と思える人にアドバイスを貰いましょう。

「そんな成功している人、周りにいないから仕方ないじゃん」とツッコまれそうですが、それは当たり前です。成功している人達は、成功して仕事がたくさんあるから忙しいです。成功していない人にアドバイスをもらうような人達に割く時間なんてありません。

 

まずは、そういった人達が時間を割いてもいいと思えるような人材になりましょう。そのために、安易な答えを求めるのではなく、「自分の頭で考え」「自分の意志で行動する」ということが必要です。

 

確かに、何もない状態から自分の頭で考え、行動することは不安がつきまとう行為です。だからといって、成功していない人のアドバイスを聞いても、その人と同レベルにしかなれません。

 

若いアーティストとして、若いビジネスマンとして過ごすことができる時間は少ししかありません。そのときに、間違ったアドバイスを受け入れてしまうことは非常に危険です。

 

かけがえのない時間を、結果も残さず口だけの大人のために使わないでくださいね。ほんとうに多いから・・・

 

と言いつつも、わたしもまだ社会人2年目。自分で考え、行動しなくては笑

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

ARCHIVE