在宅勤務と会社勤務を比べてみた。両方体験してみてわかったこと。

在宅勤務と会社勤務を比べてみた。両方体験してみてわかったこと。

在宅勤務と会社勤務。共に体験してわかったこと。

remote_article

「小さな会社、大きな仕事」で有名な37シグナルズという会社のように、自宅勤務を推奨して世界的に成功している会社がある一方、Yahoo!の新CEOマリッサ・メイヤー氏は在宅勤務を禁止して、社員をオフィスに集めることによってYahoo!の業績を回復させました。

在宅ワークとオフィスワーク、共にメリットがある中、

今までは「仕事=会社勤務」という固定概念が私達の頭の中にあり、それぞれの良さに気づくことがなかったのではないでしょうか?

 

時代が進むと共に、働き方にもダイバーシティ(多様性)が認められてきて、在宅勤務という選択肢が認められつつあります。

リクルートホールディングスが全社員対象に在宅勤務制度を導入した例もあり、時代は確実に変わりつつあると実感しています。

参考:リクルート、在宅勤務を全社員対象に 上限日数なく

 

 

本日は、「在宅勤務」と「会社勤務」両方体験したらーらが、それぞれの良さを紹介したいと思います!

通勤という最大の敵

commute

「通勤電車」

その言葉を聞くだけで、嫌な気持ちになるのは私だけでしょうか?笑

 

やはり、朝から混雑している電車に乗ったり、仕事終わりで疲れている状態で電車に乗るのは、気分のいいものではありませんよね。

朝から満員電車で人混みにまみれて、ストレスフルな1日をスタートするというのは、決して望むべき生活スタイルではありません。

 

しかし、在宅勤務ならば、そんな悩みは関係ありません。通勤自体がないのですから笑

やはり、在宅勤務の一番のメリットは、通勤がないところです。

 

また、通勤がなくなるということは、通勤にかかる時間も短縮できるということです。

私が会社勤務をしていた時は、大体行き帰りで2時間ほどかかっていましたので、かなりのタイムロスです。

ざっと計算すると

2時間 × 22日(1ヶ月の平日) = 44時間

44時間  ×  12ヶ月(1年) = 528時間

1年で、約530時間も通勤に使っていたということです。

530時間もあれば、どれだけの仕事ができることか・・・

 

「時は金なり」

時間はよく、お金に例えられますが、チューリッヒ大学のブルーノ・フレイ氏は

『通勤時間がゼロから22分になった場合の幸福度の低下を相殺するためには、通常、収入が3分の1増える必要があり、昇給を迫ってボスを悩ますよりも、職場の近くに引っ越せば、同じくらい幸福度を増やすことができる』

と断言しています。

参考:通勤時間が22分増えた場合の幸福度の低下を相殺するためには、収入を30%増やす必要がある 

 

 

「通勤がない」というのは在宅勤務の大きなメリットです。

しかし、オフィスワークであったとしても、オフィスの近くに引っ越す等の方法で、ストレスを軽減して時間を節約することは可能ですので、是非、通勤という毎日の習慣を見直してみてください。

 

 

仕事環境

hard_morning

「家だと集中できない」

「人がたくさんいる場所だと集中できない」

「カフェが一番集中できる」

など、人によって仕事に集中できる環境は違います。

 

自宅の場合、静かな環境で仕事に打ち込める一方、テレビやベッドなどの誘惑に打ち勝つ必要があります。

オフィスの場合、周りに人が多くざわついた環境ですが、仕事をしないわけにはいかない環境が作られています。

 

私の場合は、家のパソコンの環境(ノートパソコンに大型ディスプレイ2つ)を使用して、静かな環境で仕事がしたいので、在宅勤務の方がすきです。

しかし、在宅にて一人で仕事をすることがあまり得意ではなく、オフィスワーカーになった元在宅勤務の方も多くいました。

 

 

運動不足

walk

在宅ワークですと、本当に家から一歩も外に出ずに1日が終わることも多く、著しく運動不足になります笑

 

オフィスワークの場合は、通勤やランチで同僚とレストランに行くなど、意外と歩くシーンは多いです。しかし、在宅の場合はほとんど歩くことなく1日が過ぎ去っていきます。

 

在宅ワークをする場合は、定期的にジムに通うなど、意識して運動をする必要がありますね♪

 

 

人間関係

私がオフィス勤務をして、一番いいなぁと思ったことは、仕事中に何気ない会話ができるということです。

やっぱり、仕事しながらでも何気ない会話で笑えるというのは楽しいです。

また、仕事終わりに呑みにいったり、遊びに行ったりと、友人として仕事仲間と関われるのはオフィスワークの一番のいいところだと思います!

 

人脈ができるというのも在宅ワークにはない、オフィスワークのいいところですね。

お互いの興味のあることや将来やりたいことで意気投合して、一緒に事業をしようよっていう展開もありました。

 

 

 

 

 

以上のように、「在宅勤務」と「会社勤務」を比較してみたのですが、個人的には「在宅勤務」のほうが好きです。

なぜ、らーらの場合は「在宅勤務」の方が好きかということに関しては、今度記事に書こうと思います!

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

ARCHIVE