ユーチューバーになるためには?好きなことで生きていくために必要なスキルとは。

ユーチューバーになるためには?好きなことで生きていくために必要なスキルとは。

好きなことで生きていく

youtuber_article

ヒカキンさんやマックスむらいさんのような動画投稿サイトYoutubeに動画を投稿して、生きていくために必要なお金を稼ぐユーチューバーという職業の存在は、世界中で認知されつつあります。「好きなことで、生きていく」というタイトルでユーチューバーを紹介するテレビCMが日本中で放映され、賛否両論様々な意見がネット上に溢れかえりました。

 

本日はそんなユーチューバーという職種の実態や、リスク、必要スキルなどを紹介します。

 

どれくらい稼げるか?

・生活出来るほど、稼げるのか?

Youtuberになりたいが、実際どのくらい収益が発生するかは一番気になるところですよね?世界で最も稼ぐユーチューバー、ピューディパイ/PewDiePie氏は、1年で約14億円稼ぎ出しています。彼はゲームの実況動画を配信していて、彼のYoutubeチャンネルの購読者数は4000万人近くいるというから驚きです。彼のように何億というお金を稼ぐことも可能なユーチューバーという職業ですが、趣味程度に動画を配信して、月10万円ぐらいのお小遣いを稼いでいる副業ユーチューバーも存在します。私の友人の元同僚がそうだったらしく、週末に動画を制作して、月10万ぐらいの固定収入があるらしいです、羨ましい・・・

いきなり何百万円稼いでやるぞ!と意気込んで、仕事をやめるよりも、まずは副業程度に動画を制作して、生きていけると思うぐらい収入が発生したら、ユーチューバー専業になるという選択肢が一番リスクが少ないと思います。

学生の方とか、ただ飲み会を開くだけのサークルに入って、毎日ダラダラ過ごすぐらいなら、友達4人ぐらいで毎日動画を投稿してみたらどうでしょう?

 

・1再生あたり、いくらの収益が発生するか?

人気ブロガーのイケハヤさんが、Youtubeの1再生あたりの大体の収益を調べた記事を書いてくれていて、大体0.1円〜0.5円ぐらいが予想収益としてよいでしょう。

 

1再生0.3円だと仮定すると、

10,000再生:3,000円

100,000再生:30,000円

1,000,000再生:300,000円

です。

 

従って、一般的なサラリーマンと同じような生活をしたいとなると、100万再生ぐらいは必要という結果になりました。もちろん、これは1つの動画で100万再生する必要はなく、1万回再生される動画を100本作っても良いので、ネット上で大拡散されるキラー動画を1つ作るのも良し、それなりに拡散される面白い動画を100本作っても大丈夫です。

 

 

Youtuberに必要なスキルとは?

特別な動画編集スキルもないし、PCに特別強いというわけでもないから、ユーチューバーにはなれないだろうなと諦めるのは早いです。実際にユーチューバーになるために最低限必要なスキルはほとんどありません。みなさんがお持ちのスマートフォンで動画を作成して、Youtubeのチュートリアル通りに動画をアップするだけで、作業は完了します。万が一、わからない部分があってもGoogleで検索すれば、丁寧な解説がヒットします。

 

もし、タイトルを動画の最初に入れたいなどあれば、無料の動画編集ソフトでそれぐらい簡単にできます。Macユーザーの場合、初めからインストールされているiMovieを使用すれば、文字を動画の中に差し込むことが可能です。

 

もちろん、動画の編集スキルがあるに越したことはありません。動画の編集スキルが高ければ撮影した動画にナレーションをつけたり、特殊効果で動画をより面白くすることが可能です。更に言うなれば、動画自体は普通の動画であっても、動画編集スキルで面白くしたり、動画を撮ることなく動画編集だけの技術で人気動画を作るクリエイターも存在するため、動画編集の技術を極めることでyoutubeで食べていくことが出来るでしょう。

以下は、ある高校生がyoutubeにテストでアップするために作った動画です。動画編集のクオリティの高さにネット上が驚き、100万回以上再生された動画です。

 

 

このクオリティの動画を高校生が作成したことに驚きます。このように動画に撮影した映像をのせることなく、動画編集だけで100万回以上の再生数を誇る動画を作ることは可能です。また、何気ない映像を編集スキルで面白い動画に変えた例を紹介します。

 

 

こちらの動画、私のお気に入りです笑

この動画、ダニエル・ハシモトさんというロサンゼルス在住の日系アメリカ人の方が、自分の息子を撮影して、面白おかしく編集したもので、あまりのクオリティの高さに世界中で人気に火がつき2700万回以上再生されました。

このように、動画の編集スキルだけで人気のある動画を作ることも可能ですし、はじめしゃちょーさんのように特別なスキルがあるわけではないが、面白いコンテンツを提供して人気動画を作ることも出来ます。技術で勝負するもより、コンテンツで勝負するもよし、両方を追求するもよし、自分のスタイルにあった動画を作成することが、人気ユーチューバーに必要な能力なのかもしれませんね。

 

 

Youtuberになるリスクとは

自分の好きなことをして生活ができる!という正の面にばかり注目が集まるユーチューバーですが、実はユーチューバーになることにリスクもあります。ユーチューバーになるがゆえのリスクも考慮したうえで、好きなことで生きていくかどうか選択して下さい。

 

・顔が世間に公開されるリスク

ある程度人気が出てきたら、あなたの顔は世間に知られた顔になります。街を歩いていて指をさされることがあるかもしれませんし、あなたの行動がネット上に書き込まれることもあるでしょう。最初は有名人になったようで気持ちが良いかもしれませんが、あることないこと(基本的にはないこと)をネット上で書かれ続けるということは精神的にきついものです。そして、一度ネット上にあげた動画や画像は、一生ネット上に残ると思ったほうがいいです。途中で、もうやめたいと思って、動画を全部削除したとしても、誰かしらがあなたの動画を保存していて、再度ネット上に公開する可能性すらあります。

 

・個人情報を特定されるリスク

ヒカキンやはじめしゃちょーのようにニックネームで活動をしているから安心と思っても、あなたの顔を知っている同級生が、あなたのyoutuberとしての成功に嫉妬して、あなたの個人情報をネット上にばらまくかもしれません。住所が特定される可能性もあるため、ある程度有名になったら、住所を他人に教えないようにするといった対策が必要でしょう。

 

・ある日収入がゼロになる恐怖

youtuberはyoutubeに広告を載せて、その広告料として収益が発生します。youtubeがその仕組みをやめてしまえば、ある日、突然、収入がゼロになります。また、広告料もyoutubeと広告出稿する企業がきめるので、広告料の大幅な下落も考えられます。

しかし、youtubeで人気を出しつつ、ブログも書いて、ブログでも収益を稼ぐ等の方法でリスク分散できますし、一度人気が出た人間は他のメディアに行っても人気が継続しますので、柔軟に時代に合わせた動きができれば、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

 

再生数を稼ぐには

ユーチューバーとして生きていくためには、動画の再生数を稼げなければなりません。面白い動画を作成するというのは、絶対条件ですが、SNS連携や、動画の作り方の工夫で、再生数は大きく変わってきます。

 

・SNS連携

「バズる」という単語を聞いたことはありますか?

ネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを「バズる」といいます。バズマーケティングというマーケティング手法が流行語のようにweb業界でトレンドになったように、バズらせるということは動画の再生数に爆発的な影響を及ぼします。

半年ほど前、オリエンタルラジオが「ラッスンゴレライ」を完コピしたという動画がtwitterやfacebookのタイムライン上に溢れかえったことを覚えていませんか?オリエンタルラジオの例のように一度ネットで拡散されると、シェアされた動画を見た人が更にシェアして拡散するといういい流れに入り、動画の再生数が急激に伸びます。

youtubeで動画を投稿する場合は、twitterやfacebookで宣伝するなど、バズらせるきっかけを自ら仕掛けることが重要です。

 

・シンプルに

ネットの特性上、あまり複雑で長い動画は再生数を稼げません。さくっと見た瞬間に笑えるような動画を制作しましょう。

誰かに面白い動画を見せたくても、20分もするような動画だと、中々一緒に見づらいですよね笑 見てすぐに笑えるような動画はネットで拡散されやすく、再生数を稼ぎやすい特徴があります。

不必要なものはそぎ落として、本当に面白い部分だけ動画にして、投稿しましょう!

 

・言語の壁を越える

上で紹介した、ダニエルさんの動画が世界的大ヒットになった理由として、世界中の人が楽しむことが出来る動画だったという要素は大きいでしょう。彼の動画は英語がわからない世界中の人が見ても、楽しめるコンテンツになっています。もし、日本語で動画を作成しても、日本語が理解できるネットユーザーしかリーチ出来ません。しかし、言語がわからなくても面白いと思える動画なら、世界中の人が見て、世界に向けてシェアをしてくれて、世界中で拡散されます。今日本語で動画を配信しているヒカキンさんがブレイクしたきっかけも、マリオのヒューマンビートボックスの動画で、日本語は一切使われませんでした。

 

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE