早慶一橋に合格した私が教える、子どもを有名難関大学に合格させる勉強法

早慶一橋に合格した私が教える、子どもを有名難関大学に合格させる勉強法

子どもを難関大学に合格させる方法

child-juken-daigaku-article

わたしは、早稲田・慶應・一橋、青山学院、立教など、有名大学すべてに合格しました。それも、英才教育を受けたり、高い授業料の予備校に通っていたわけではなく、市販の参考書を買ってきて自宅で1人で勉強する宅浪というスタイルで合格を勝ち取りました。

 

自分で勉強法を模索し、その勉強法で有名難関大学に合格した私が、子どもを簡単に難関大学に合格させられる方法を紹介します。

 

 

学校のテストで優秀な成績をとらせようとするな

「なぜ?」と思われたかもしれませんが、私は学校のテストで優秀な成績を取れる生徒が有名大学に合格できるわけではないと確信しています。

 

その理由は3つあります。

  1. 出題範囲が狭い
  2. 受験で使わない科目が多すぎる
  3. 授業を聞いている生徒が点数をとれるようになっている

 

1.出題範囲が狭い

学校は中間テスト、期末テストと期間を区切って、学生のレベルを図ろうとします。その結果、その時期に授業で行った内容がテスト範囲になります。しかし、大学受験で求められる知識は、科目全体に渡る広範な知識です。折角の勉強時間を学校のテストのために、断片的に知識をインプットするために使うことは、非常に回り道となります。

そのため、中間テストや期末テストなど気にせずに、自分のペースで参考書を進めたほうが大学受験では有利に働きます。

 

 

2.受験で使わない科目が多すぎる

例えば、日本最難関の1つ、慶應大学に入学したい場合、受験で使用する科目は「英語・数学または歴史・小論文」の3つだけです。

結論から申し上げると、これ以外の科目が全く出来なくても慶應には受かります。

 

小論文にいたっては、ほとんど勉強することはなく、みんな同じような点数をとりますので、英語と数学または歴史の2科目だけを勉強していれば、慶應大学に合格することができるのです。

 

しかし、「学校の成績がいい=優秀」と思い込んでいる親は、子どもが学校のテスト全科目で良い点数をとることを望みます。その評価の仕方が、子どもが難関大学に進む妨げになっている可能性とも知らずに・・・

 

 

3.授業を聞いている生徒が点数をとれるようになっている

学校の先生は自分の授業を聞いてもらいたいです。そのため、授業で説明した内容をテストに盛り込みます。

その結果、授業を真面目に聞く生徒はいい成績をとれるようになります。

 

しかし、よく考えて下さい。その先生は優秀な大学を卒業している先生ですか?

教員免許というのは別に難関大学に入った人間がとれるものではありません。そのため、学校の先生が受験のスペシャリストかというと、そんなことはないのです。

 

学校の先生は、人格教育や部活指導など、勉強以外に教えなければいけないことがたくさんあります。そのため、「受験」ということに限ると、学校の先生よりも世の中で市販されている受験参考書の方が優秀なのです。

 

 

難関大学はとても簡単に入れるということを子どもに教えろ

先ほど説明した慶應大学にしろ、早稲田大学にしろ、MARCHにしろ、基本的には3科目の成績で入学が決まります。

 

基本的には

  1. 英語
  2. 数学又は地歴
  3. 国語又は小論文

の3科目です。

 

たったの3科目を勉強しておけば、難関大学に入れるのです。優秀な生徒だったら3科目に絞って、半年〜1年の勉強時間で、早慶MARCHに受かります。

 

もし、親が、戦略的に子どもが高校1年生の頃から、「英語、世界史、国語」の3教科だけを勉強するように教えておけば、難関大学なんていとも簡単に入れます。

 

 

塾なんか行かせるな。

「大学受験のために塾に行かせよう。」

と思ったことはありませんか?

 

実際は塾なんか行っても成績は伸びません・・・

 

成績が伸びる生徒というのは、「自分で勉強がしたい」と思える生徒です。やる気のない生徒を親が無理矢理、塾に通わせたとしても、授業料を無駄にしているだけです。

 

そのため、親がやるべきことは2つ

 

  1. 勉強をする気にさせる
  2. 勉強のやり方を教える

 

1.勉強をする気にさせる

有名大学にいけば、就活で有利になる。有名大学に行けばもてる。有名大学に行けば、チャンスが増える。など、有名難関大学に入るとどういうメリットがあるかをしっかりと伝えましょう。

 

そのうえで、有名難関大学に入ることがいかに簡単かを説明します。子どもたちは「早慶MARCHといった有名な大学に入ることはめちゃくちゃ難しこと」と思い込んでいます。それを、たったこれだけのことで入れるんだよ?学校の成績なんて意味ないんだよ!としっかりと伝えましょう。

 

子ども達は、早慶MARCHといった有名大学がどれほどのレベルかを詳しく知らずに、イメージだけで「自分には無理」と思い込んでいます。それゆえに「ビリギャル」のような映画が流行るのです。

テレビで有名な林先生も言及していますが、「ビリギャルなんて大したことありません」。英語と歴史で合格できる慶應大学を、戦略的に受験した普通の女子高生の話です。

 

 

2.勉強のやり方を教える

勉強をする気になったら、後は、「どうやって勉強をするのか?」を教えてあげるだけです。

 

その答えは、自分のレベルにあった参考書を買ってきて、自分で解く。それだけです!!

 

塾も学校も家庭教師も必要ありません。自分のレベルで解ける参考書を買ってきて勉強し、理解したら他の参考書をやる。これの繰り返しで、難関大学なんて簡単に合格できます。

※細かい勉強法や参考書等は、今までに受験関連の記事をたくさん書いていますので、それらを読んでみてください。

 

 

まとめ

  1. 学校の成績を気にするな
  2. 難関大学は簡単に入れることを教えろ
  3. 塾に行くな

 

この3つを心に刻んで、子どもに受験について教えてあげましょう。

この記事だけで書ききれないほど、受験のテクニックは存在します。しかし、「難関大学なんて、戦略的に受験をすれば、誰でも入れる」ということさえ、理解しておけば、受験なんて怖くありません。

 

学歴は一生つきまといます。その大学受験を、やり方を知っているか知っていないかで、損をするのは非常にもったいないです。是非、お子様を難関大学に合格させてあげてください!

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

すべての働く人の希望でありたい
エンジニアやwebライター、動画制作、ゲーム実況・音楽事業など様々な仕事をしています。
社会人になってから、じぶんが心から楽しいと思える仕事に没頭してきました。
じぶんがハッピーに働いている姿を紹介して、働く人たちの希望になりたい!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない。たくさんの好きなことを仕事にしましょう!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE