読書のすすめ。ビスマルク「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

読書のすすめ。ビスマルク「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

あなたが、ここ一ヶ月で読んだ本は何冊ですか?

もし、ほとんど読書をしていないとしたら、あなたはビジネスで成功できないかもしれません。高年収を稼ぐ富裕層と、平均的な年収を稼ぐ一般的なビジネスマンに習慣の違いはそこまでありませんが、数少ない大きな違いが現れている分野が「読書」です。

 

 

40倍近い量の本を読む成功者達

年収3000万円以上稼ぐ富裕層は、平均的な年収を稼ぐビジネスマンの約40倍近い本を読むことがある調査からわかっています。

 

work-fast-article

限りある時間を読書に捧げる成功者達。

 

裕福な人は、必要のないものを買わないため、物が少なくスッキリとした家に住む傾向がありますが、必ずと言っていいほど、大量の本を持っています。

高額所得者は、なぜ、多忙な生活の中で、ここまで多くの本を読むのでしょうか?

 

 

先駆者と同じ失敗を繰り返さないために

ドイツのビスマルク

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 

という言葉の通り、愚者は行き当たりばったりで前に進み、自ら失敗を犯してはじめて知識を得ます。一方、賢者はあらかじめ起こりうる失敗を歴史から学ぶことによって、自ら同じ失敗を犯すリスクを最低限に減らすことができます。

 

本には今までの成功者の歴史や失敗が詰まっています。イーロン・マスクの自伝「イーロン・マスク 未来を創る男」を読めば、仕事を優先するために妻をないがしろにしてしまい離婚するハメにならないかもしれませんし、スティーブ・ジョブズの「スティーブ・ジョブズ 1」を読めば、自分が作った会社を追い出されないように気遣いができるようになるかもしれません。

もちろん、イーロンとスティーブは、そのような状況になるぐらい仕事の鬼だったからこそ、成功したという側面もありますが、同じような状況になり、その後、不幸になってしまった経営者は世の中にたくさんいるはずです。あなたもそうならないために、本から知識を蓄える必要があります。

 

 

一日500ページの本を読む、世界一の金持ち

「毎日500ページ、本を読みなさい。そうして、知識を蓄えるのです。」

世界一の投資家「ウォーレン・バフェット」

 

仕事の80%の時間を「読書して、考える」ことに使う経営者をご存知でしょうか?

バークシャー・ハサウェイの創業者であり、世界一の投資家「ウォーレン・バフェット」は、一日500ページの本を読み、知識を蓄え続け、世界一の投資家の地位に上り詰めました。

 

warren

ウォーレン・バフェット『あなたが車を一台持っていて、一生その車にしか乗れないとしよう。当然あなたはその車を大切に扱うだろう。』(Photo By Medal of Freedom Ceremony【Medill DC】)

 

世界中の天才が、その明晰な頭脳で戦いを繰り広げる投資の世界でトップに立つために、彼は毎日、本に向き合っていたのです。その圧倒的なインプット量が、ごく僅かなアウトプットを完璧にしたのではないでしょうか?

というのも、ウォーレンは1日に売買を繰り返すような従来のウォール街のトレーダーのスタイルとは異なり、超長期投資を実践していて、ほとんど株の売り買いを行いません。数少ないチャンスを見極めて、実際に株を買うときは100点の選択しかしませんでした。その証拠に、彼の資産の9割は10個の銘柄がもたらした資産です。

 

 

自己啓発書はエナジードリンク?

「読書をすれば成功できる!」

と思い、書店に駆け込み、「金持ちになるための○○の方法」「誰でもできる○○ビジネス」「絶対に成功するための○○」のような自己啓発書を読み漁り、勉強をした気になっているビジネスマンもいます。

それらの自己啓発書は、読んだその日は知識欲を充足してくれて、モチベーションも高めてくれます。しかし、そこに書いてある知識は、表面的なテクニックに過ぎず、その場であなたを元気にしてくれるかもしれませんが、あなたの知識を増やす手助けをしてくれません。

 

あたかも、エナジードリンクを飲み続け、その場限りの勢いで仕事をこなすように、自己啓発書を読み漁り、できるようになった気分に陥らないようにしてください。

 

energydrink

モチベーションをあげるためだけに、ビジネス書を渡り歩くビジネスマンは、その日を乗り越えるためにエナジードリンクを飲み続けるビジネスマン(Photo By Red Bull, Walmart Game Center Display【Mike Mozart】)

 

 

会話をするだけで、読書量がわかる

あなたが自己啓発書を読み漁り、「金持ちになるためには、不労所得を作るべきだ」「金持ちになるためには、長財布を使おう」などと、表面的な知識ばかりを話すとしたら、会話する相手は非常に退屈な顔をしていることでしょう。

まさにチューインガムを噛めば噛むほど味がなくなるように、あなたと会話をすればするほどあなたの味がなくなっていくのです。

 

読書を通じて、古くから読み継がれる名著に触れ、歴史を学び、偉人の人生を垣間見て、哲学的な思想にふける。そんな経験を積めば積むほど、あなたという人間はより深みのある人間になっていきます。

 

ビジネスで成功している人は教養があり、会話をするだけで周りを楽しい気持ちにさせる能力があります。彼らの教養の原点は、読書にあるのかもしれません。

もし、読書の習慣がないのならば、自分が読書をしないことによってどれだけの損をしているかを考え、読書習慣を見つめなおして下さい。

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

ARCHIVE