お金?夢?フリーランスで働くと、働く意味について考えたくなる。

お金?夢?フリーランスで働くと、働く意味について考えたくなる。

働く理由

meaning-of-work-article

 

最近、「年収90万円で東京ハッピーライフ」という書籍を読み、「働く意味」ってなんだろう?と考え直したRARA(らーら)です。

 

 

この書籍の著者である大原扁理さんは、週休5日で働き、生活に必要最低限な分だけ稼ぐ生活をしています。彼は東京の郊外のアパートに住み、楽しく節約生活をすることで、年収90万円で人生を謳歌しています。

彼のような働き方は、「働く意味」をしっかり考えた人だからこその働き方だと思います。

 

もし、「働く意味」「生きていくため」ならば、生きていくために必要なお金を稼いだら、もう遊んでいてもいいじゃないですか。大原さんみたいに。

多くのサラリーマンは、「周りの目」や「お金で買える小さなプライド」、「自分で作ったわけでもない企業の看板」のために、必要以上に働いています。

 

そうやって無理して作った人生に幸せはありません。もちろん、「サラリーマンをして、家族を持って、定年まで仕事をする」という誰かが作り上げた幸せは手に入るかもしれませんが、自分の心に従わずに生きた人生に意味はないです。

 

フリーランスで働くと、働く意味を考えたくなる

juken-sleep-article

 

わたしは大学を卒業してから、ずっとフリーで働いています。フリーランサーとして働くと、嫌でも働く意味を考えざるをえません。

なぜなら、働く量と働く内容を自由に選択でき、好きなときに働けばいいのがフリーランスだから。

 

もし、「働く意味」「お金」ならば、生活できる分とちょっとの貯金ぐらい稼げれば、もう働かずにスマホゲームでもやっているでしょう。

 

実際、わたしも学生時代はバイトすらしていませんでした。たまに自分でイベントを開いたり、音楽活動でお金を稼ぐ程度で、生活費をまかなえたからです。この時は、本当に「生きるのに必要な分」しか、働いていませんでした。

学生時代は、変なプライドとか世間体とかないから、働く意味通りの働き方が出来るんですよね・・・

 

しかし、今、フリーランスになり、生きるのに必要なお金の何倍ものお金を稼いでいます。心身をすり減らしてまで、なんでそこまで働くのだろう?と再度考えた結果・・・

 

やはり、

「働くことで叶えたい夢」

があるから。

 

働いています。

 

 

夢のために働く

morning-article

 

ちょっと臭い感じなので恥ずかしいのですが・・・笑

やはり、夢の為に働いています。

 

私の

「貧乏に生まれても、自分の力で人生を変えられるって証明したい」

という夢を叶えるために、死ぬほど働いています。

 

こういった「働く意味」というものがあると、激務もストレスも乗り越えられると思っています。もちろん、ストレスたまりすぎて泣き崩れるときもありますが笑

 

元々、ゲームばっかりやっていた廃人の私が、ここまで仕事ができるのは本当に夢の力!だと思います。

 

もし、毎日の仕事が嫌で嫌で仕方がない人は、「働く意味」について考えてみて下さい。もしかしたら、今の仕事なんてやめてしまって、週休5日ののんびりライフが待っているかもしれませんよ??

参考書籍

年収90万円で東京ハッピーライフ

生活に必要な分だけ稼ぐだけで、後はのんびりニート生活をしている人の本。週休5日でのんびり東京ライフを満喫しています。周りの目を気にして、やりたくもない仕事を毎日して、小さな自尊心を満たすよりも、こういった生き方の方が幸せなのは間違いありません。

AMAZON
  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

すべての働く人の希望でありたい
エンジニアやwebライター、動画制作、ゲーム実況・音楽事業など様々な仕事をしています。
社会人になってから、じぶんが心から楽しいと思える仕事に没頭してきました。
じぶんがハッピーに働いている姿を紹介して、働く人たちの希望になりたい!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない。たくさんの好きなことを仕事にしましょう!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE