いつも時間がないあなたへ。生産性を意識して、短時間労働かつ高収入になる方法!

いつも時間がないあなたへ。生産性を意識して、短時間労働かつ高収入になる方法!

生産性を意識すれば、短時間労働かつ高収入になる?

 

はい、こんにちは!らーらです。

本日は、【生産性】という概念についてブログを書いていこうと思います!

 

生産性というと、工場のような場所でコストを抑えて多くのものを作り出すイメージが強いですが、実は私達のクオリティオブライフの向上に大きく関与してくる要素なのです。

 

生産性を向上させ、短時間労働かつ高収入生活を目指しましょう!

 

 

生活面の生産性

 

仕事が終わって家に帰ってきても、掃除や洗濯・皿洗いなど多くの家事に追われて、自分の時間を持てずに一日が終わる生活をしていませんか?

毎日行わないといけない家事だからこそ、生産性を意識すれば、わたしたちの人生に大きな影響を与えます。

 

ロボット掃除機という大発明

掃除ならば、自分の手を動かさずとも、ロボット掃除機が代わりにやってくれます。

仕事で疲れて、家に帰ってきてから掃除機をかけるのではなく、仕事に行くときにロボット掃除機の電源を入れておけば、帰宅したときにはピカピカの床にほっとすることでしょう。

 

わたしも、パナソニックのロボット掃除機を使用していますが、大嫌いだった掃除から解放されて自分の時間を多く持つことができるようになりました。

 

 

ボタン一つで乾燥まで。洗濯乾燥機

洗濯物を干すのってめちゃくちゃ時間がかかりませんか?

冬だと、寒いのに冷たい洗濯物を触らなければなりませんし、手の乾燥肌の原因にもなります。

 

そういった洗濯にまつわる悩みを解決してくれるのが、洗濯乾燥機

洗濯機の中に洗濯物を入れて、スイッチを押すだけで、洗濯から乾燥まで全て完了します。

 

おそらく、洗濯乾燥機に変えたことで、毎回の洗濯が15分ほど時短できるようになりました。週に2回は洗濯を行うので、

15分 ×  2回/週  = 30分(毎週)

30分 × 4回/月 =  2時間(毎月)

2時間 × 12回/年 = 24時間(毎年)

ほどの時間を節約することができます。

 

洗濯乾燥機を導入することで、丸一日の時間を手に入れることが出来ました!

※無理して40万ぐらいの洗濯乾燥機を使っていますが、全く後悔していません。

 

 

生ゴミの処理を自動化。ディスポーザー

生ゴミの処理を自動で行ってくれるディスポーザー。

野菜を切って出た生ゴミは、そのままシンクに流してしまえば、あとはディスポーザーが勝手に処理をしてくれます。

 

ディスポーザーを使い始めて2年。もう、ディスポーザーなしの家では料理が出来ません・・・笑

 

 

 

以上のように、技術の進化により、家事のほとんどを自動化することができるようになりました。

おそらく、ここで紹介した時短を実践するだけで、1年で何十時間の節約ができます。

機械がやっても自分でやっても同じ結果が得られる作業を機械にやらせることで、生活面の生産性を大きく向上させることが出来ます。

 

 

仕事面の生産性

 

生活面だけではなく、仕事面でも生産性を意識すれば、わたしたちの生活は大きく変わります。

 

その会議、本当にいる?

毎週月曜日に行われる定例会。部署の全ての人が参加するから、わたしも参加する。

そういった参加する必要がない打ち合わせが非常に多いのが、会社です。

しかし、

「その会議に意味を感じないため、欠席します」

とは言えないですよね?笑

 

そんなときに私のオススメなのが、メモを取っているふりをしてパソコン作業をすることです。

無駄な会議中にメールの返信をしたり、スケジュールを確認することで、その後の作業を生産性を上げることできます。

 

 

電話してこないで!!

電話は生産性の敵になる可能性があります。

メールを一本送れば済む話なのに、わざわざ電話されると、作業を中断しなければなりません。

 

作業の中断というのは生産性の大きな敵。なるべく、用事は電話ではなく、メールで済ませましょう。

※ライブドアで有名な堀江貴文さんも、電話は時間泥棒なので嫌いだと言及しています。

 

エクセルをマスターせよ

エクセルの更新などのルーティンワークは、エクセル関数やVBAをマスターして自動化しましょう。

わざわざ手作業でエクセル更新していると、精神の消耗・ミスの誘発・時間のムダと多くの非生産性を生み出します。

 

家事の自動化で説明したとおり、自分がやっても機械がやっても同じ作業は全て機械に任せてしまいましょう。

※海外のエンジニアが、プログラムに全ての仕事をやらせて、数年間遊んでるだけで高収入を得ていた話もあります。会社側からしても、ミスのない優秀な社員だと思っていたのでしょう。機械はミスをしませんから・・・

 

 

このように、仕事面でも生産性を意識すれば、数多くの時短につながります。

時短をして、生産性をあげればあげるほど、自分の時間をもつことができるようになり、クオリティ・オブ・ライフが向上していくのです。

 

 

詳しくはちきりんさんの本を読んで

本日、生産性の話をブログでしたのは、社会派ブロガーちきりんさんの著書を読んだからです。

 

 


自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

4人の生産性の低い登場人物を中心に、ちきりんさんが

「なぜ、これからの日本で生産性が大事なのか」

をわかりやすく、そして、面白く解説しています。

 

もし、日々の生活に追われて、自分の時間を持てない人は、読んでみてください♪

ちきりんさんの生産性に関する本

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

社会派ブロガーのちきりんさんが、【生産性】について解説した本。4人の時間がなくて困っている登場人物を題材に、非常に読みやすい文章で生産性の重要性を解説しています。

AMAZON
  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

ARCHIVE