週末起業。副業ではなく、週末だけ社長という働き方。

週末起業。副業ではなく、週末だけ社長という働き方。

週末起業とは?週末だけ社長になれる?

weekend_entreprenur_article

みなさんは週末起業という言葉を聞いたことはありますか?

週末起業とは、平日は企業で働き、週末だけ自分で事業を起こす働き方を言います。ネットで物が売れるようになり、ネットで顧客を探せるようになった現代で、週末起業という働き方をするビジネスマンが増えてきています。本日は、そんな週末起業という働き方を紹介します。

 

副業と週末起業の違いは?

「週末起業」と言葉を変えて、かっこ良く言っているだけで、実際は「副業」と同じなのではないか?と思われる方もいるかと思いますので、まずは副業と週末起業の違いから説明します。

 

・副業

副業は、本業の収入だけでは生計を立てられなかったり、本業以上の収入を得るために、空いた時間にアルバイトやパートという形で働くことを意味しています。

お金を稼ぐことが、主たる目的で、事業内容は重要ではありません。

 

・週末起業

週末起業は、お金を稼ぐことが目的の副業とは異なり、自分のやりたい事業を行うことが主たる目的です。事業内容を先に決め、事業を行っていくうちに、収益を稼げるようになる働き方が、週末起業という働き方です。

 

お金を稼ぐことが目的の「副業」と、自分の好きな事業を行うことが目的の「週末起業」は、似て非なるものです。目先のお金を稼ぎたいのなら、確実に収益が得られる副業をすることをオススメしますが、自分の好きなことを事業にしてみたい方は週末起業に挑戦することをオススメします。

 

 

週末起業をするべき人は?

平日に、企業で不満なく働き、週末は家族と有意義な時間を過ごすことができているビジネスマンは、週末起業をする必要はありませんが、企業で働く以外の選択肢を模索している方や、自分の好きなことで起業してみたいと思いつつ企業で働いている方は、週末起業に挑戦するべきです。

 

 

 

週末起業のメリットとデメリット

週末起業という、少し特別な働き方には、当然、メリットとデメリットが存在します。メリットとデメリットをそれぞれ理解した上で、週末起業家になるかどうかを決めてくださいね。

 

週末起業のメリット

・収入源が増える

大企業でも、業績不振のためリストラを行っている現代において、収入源が1つだけというのは、非常に心もとないです。週末起業を行うことで、平日の企業からの収入の他に、自分で収入源を増やすことが出来ます。

万が一、リストラや解雇にあったとしても、週末にある程度の稼ぎがあれば、慌てることなく、再スタートをきることができますよね。

 

・好きなことを仕事にできる

週末起業が人を魅了するポイントは、「好きなことを仕事にできる」ということです。平日の本業で生活するだけの収入を得られているので、週末は本当に好きなことを事業にすることができます。

 

カメラを趣味にしている人は、週末だけカメラマンになってもいいでしょう。絵を描くことが好きな人は、週末だけイラストレーターになることができます。何も得意なことがなくても、パソコンさえあれば、ブロガーという仕事をすることさえ出来ます。

 

一度やってみて、事業にしてみたらつまらなければ、その事業はやめてしまえばいいのです。せっかくの週末を使うのですから、休みをなくしてでも楽しいと思える仕事を見つけてみましょう!

 

・リスクなく、起業ができる

起業するとは、どのようなイメージですか?

 

・人生の全てを捧げて行う事業

・失敗したら、大量の借金を抱える。

など、非常にリスクが高い印象ではないでしょうか?

 

週末起業は、借金する必要もありませんし、平日は企業で働いているので、人生をすべて捧げる必要はありません。「初期費用をほとんどかけずに、空いた時間を使って起業をする」、それが週末起業です。ほぼノーリスクで、自分の会社を持てるチャンスがある週末起業という働き方に魅力を感じずにはいられませんよね。

 

 

週末起業のデメリット

・休みがなくなる

週末に事業を行うわけですから、もちろん、週末はゆっくりと家でゴロゴロできなくなります。また、家族を持っているビジネスマンは家族サービスの時間が減るため、家族の理解も必要になります。

 

週5で働いた後に、残りの週末の2日を事業に使うというのは、思った以上にパワーが必要です。休みの日を使ってもいいと思えるような事業でない場合は、週末起業をせずに自分のために時間を使い、本業を頑張ったほうが懸命です。

 

・就業規則に引っかかる可能性がある

一般企業で副業を禁止している企業は数多くあります。副業を許可している企業でも、承認の手続きが必要な場合がほとんどです。

就業規則をちゃんと読まずに、自分の判断で、週末起業をすると、就業規則に引っかかってしまう可能性があります。

 

週末起業をする場合は、就業規則を読み込んで、会社の許可をとってからにしましょう。

 

 

オススメ週末起業

週末起業といっても、たくさんの職種や業態があります。土日だけスペースを借りきって、飲食店を経営してもいいでしょうし、土日にイベントを開催してもいいでしょう。土日だけしか時間がない週末起業において、オススメの職種を紹介します。

 

ノマド的な働き方が出来る

土日しか時間がない週末起業で、場所に縛られる仕事はあまりオススメできません。

デザイナーやイラストレーター、ブロガー、プログラマー、自分の好きな写真をとってネットで販売するカメラマン、移動屋台など、様々な業種で場所に縛られない仕事はたくさんあります。

 

自分の好きなことを、どうしたら場所にとらわれずに事業にできるかを考えて下さい。働き方自体を考えることも週末起業の楽しい要素の1つです。

 

 

情熱を傾けられる仕事

せっかく週末という大切な時間を使って、起業するのですから、情熱を傾けられるような仕事をしましょう。

 

「幸せな家族を写真に収めるカメラマン」

「新しい出会いの場を作り出すイベンター」

「見る人を笑顔にするような絵を描くイラストレーター」

など、社会的意義のある仕事の方が、週末に働くモチベーションを維持しやすく、週末起業にオススメです。

 

「ありがとう」って言いながら、お金を払いたくなるようなお仕事って素敵ですよね♪

 

 

週末起業は独立に繋がる?

週末起業を長い期間行えば、もしかしたら、独立につながるかもしれません。実際に独立できるかも?って思うタイミングはいつなのでしょうか?

 

週末起業の収益が、本業を超えた時

週末起業で発生する収益が、平日の本業の収入を超えた時が、独立の絶好の機会です。週5日費やして稼ぐ金額を、週末の2日間で稼ぐ金額が超えてしまうってすごいことだと思いませんか?

 

週末の2日間という短期間で、平日の5日間よりも稼げる仕事ということは、本当にあなたにあっている仕事ということです。週末起業の収益が、本業を超えた時、勇気を持って独立しましょう。

 

 

生活にお金がかからなくなったとき

子供達が全員独立したり、年金を受給する歳になるなど、生活にお金がかからなくなるタイミングは、週末起業で独立するタイミングでもあります。

生活にお金がかからなくなれば、自分の好きなことで最低限の収益を稼げる週末起業を本業にして、のんびり仕事をすることが可能です。

 

 

 

 

ノマドワークや、週休3日制、パラレルキャリアなど、様々な働き方が受容されてきている現代日本で、週末起業という働き方は大きなリスクを負わずに起業に挑戦できる選択でもあります。

家族を養わなければならないため、大きなリスクを取れないが、起業してみたいサラリーマンの方、平日は家事に追われて時間が取れないが、土日に自分の好きなことを仕事にしてみたい主婦の方など、週末起業という選択をして、週末だけ社長になってみてはいかがでしょうか?

  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

好きな服、好きな髪型で、好きなことを仕事に
エンジニアやwebライターなど、ノマドワーカーとして様々な仕事をしています!Youtubeチャンネルの月間再生数が100万回を超え、OPENRECでオフィシャルストリーマーとして配信をするなど、ゲーム関連の仕事も頑張っています!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE