【仕事が楽しくなる映画】アン・ハサウェイ主演「マイ・インターン」を観た感想

【仕事が楽しくなる映画】アン・ハサウェイ主演「マイ・インターン」を観た感想

仕事が楽しくなる映画「マイ・インターン」


マイ・インターン

 

アン・ハサウェイ主演の話題作マイ・インターンを見ました!若くして大企業を経営するアン・ハサウェイ演じるジュールスのもとに、ロバート・デ・ニーロ演じるベンという72歳の新人インターンがやってきます。最初は72歳のインターンに興味も示さないジュールスですが、ベンの優れた仕事ぶりと、温和な性格に心打たれ、次第に仕事を頼むようになっていきます。そんななか、会社一筋で周りが見えなくなっているジュールスが、ベンのおかげで人間味を取り戻してく様子が見事に描かれています。

 

そんなリアルにも起こりえそうな人間ドラマを見事に描いたマイ・インターンは、わたしたちの生き方に大きなヒントを与えてくれる作品でした。今回は、そんなマイ・インターンから受け取れるメッセージを紹介したいと思います。仕事について悩んでいる人は参考にしてください!

 

毎日の仕事がつまらない人・・・

「仕事がつまらないなぁ」

「なんのために働いているんだろ」

と思いながら、毎日会社に行っている人に是非見て欲しいです。

 

ベンが初めて出社する日

ベンがインターンに選ばれて、初めて会社に出社する日。彼は前日からしっかり用意して、ワクワクして会社に向かいます。そのシーンを観た時に「あぁ、仕事って本来はこういうものだよなぁ」としみじみと思ってしまいました。

 

高校生時代、初めてバイトする日。「どんなことが待っているんだろう」「誰かの下で働くなんて初めてでワクワクするな!」と思いつつ初出勤した想い出。小さい会社だが憧れていた業界に入れて、初めて会社に行く日は期待で胸いっぱいだった想い出。みんな、初出社の日を期待いっぱいで迎えた経験はあると思います。いつからか、「仕事=つまらない」という意識が出来てしまって、新しいことにチャレンジする事が嫌になっていませんか?

 

この映画を見ると、初めて仕事を挑戦するときのフレッシュな気持ちを思い出すことができます。

 

 

ベンを中心とした人間関係

work-happy-article

ベンはウィットに富んだ会話と、温厚で優しい性格から、すぐに同僚たちに愛される存在になりました。

 

「会社の人間関係がギクシャクしていて、会社に行きたくない」

「会社の同僚とは上辺だけの付き合い」

という人はいませんか?

そういう人は、ベンの行動を参考に、自分から変わってみましょう。

 

40歳離れた同僚とも仲良し

ベンは年齢で人を見ることはせず、40歳近く年齢の離れた同僚たちとすぐに仲良くなります。人生の先輩として、仲間たちの良い相談役になり、お父さんのような存在でありながら、一緒にバカなこともする良き友達でもあります。

 

わたしたちは、ついつい同じ年代で固まりがちですよね?せっかく良い関係が築けるかもしれないチャンスを「年齢が離れている」という理由だけで、不意にしている可能性があります。

ベンを見習って、年齢なんて気にせずに仲間を作れるようになりたいですね!

 

 

忙しい経営者にも見てもらいたい

アン・ハサウェイ演じるジュールスは、「寝ない・食べない・休まない」状態で仕事をするハードワーカーです。

大きな会社を若くして経営するために、心身共にすり減らし、プライベートを犠牲にしながら働いています。こういった働き方は現代のフリーランスや経営者の方にも当てはまるのではないでしょうか?仕事を優先するがあまりに、とても大事な物を見落としているかも知れません。

 

映画の中で、ベンという人生の先輩が仕事一辺倒のジュールスの心を変化させ、プライベートの重要性を再認識させます。仕事漬けになっている経営者の方やフリーランスの方も、ベンから人生のアドバイスを受け取って下さい!

 

 

仕事がもらえなくても、自分の力で変えていく!

remote_article

 

ベンは、インターンに来てすぐの頃は、ジュールスに信用してもらえず、仕事が全くありませんでした。しかし、自ら困っている社員を助け、会社のデータを分析し、気づけば会社の主戦力となっていたのです。

こういった働き方はわたしたちも見習うべき働き方で、「言われたことしかやらない」社員は、会社のお荷物になってしまいます。ですから、会社に入ったばかりで仕事がない社会人も自ら仕事を作り出す気持ちで、全身全霊をもって仕事に打ち込みましょう。

 

 

結局は仕事が好きだから。

「若い同僚とも親友になる」

「初出勤の日にワクワクが止まらない」

「仕事がなくても、自ら仕事を探す」

こういったベンの行動はすべて、「仕事が好き」だからゆえの行動です。

本来仕事というのは、自分の好きなことかつ出来ることで、世の中に貢献して、お金を稼ぐということ。

このことを忘れてしまって、「仕事はつまらない」「仕事はお金のため」と考えている社会人は残念なことに非常に多いです。そんな働き方をしている大人を見ていると、子どもたちも仕事が嫌いになってしまいます。

 

責任ある大人として、ベンのような働き方ができるようにならないといけませんね!

マイインターン

マイ・インターン

今回レビューを書いた映画マイインターン。「仕事がつらい」「なんで仕事しているんだろう?」って思い悩んでいる社会人にオススメです!

AMAZON

関連商品(アン・ハサウェイ主演作)

プラダを着た悪魔

アン・ハサウェイ演じるアンドレアが、メリル・ストリープ演じる鬼編集長ミランダのわがままに振り回される映画。ファッションに興味のないアンドレアが、誰もが憧れるファッション雑誌の編集部に配属され、みるみるうちにファッショナブルなビジネスウーマンに変わっていく様子が描かれています。

AMAZON
  • PREV POST
  • NEXT POST

RECOMMEND POST

PROFILE

RARA
名前: RARA(らーら)
好き: コーヒー・パソコン・池袋
職業: プログラマ・webデザイナー・音楽事業・Youtuber・OPENREC
学歴: 一橋大学経済学部卒

すべての働く人の希望でありたい
エンジニアやwebライター、動画制作、ゲーム実況・音楽事業など様々な仕事をしています。
社会人になってから、じぶんが心から楽しいと思える仕事に没頭してきました。
じぶんがハッピーに働いている姿を紹介して、働く人たちの希望になりたい!
今時、一つの仕事しかしないなんてもったいない。たくさんの好きなことを仕事にしましょう!
お仕事の依頼はコチラから

twitter: https://twitter.com/rara_bass

youtube: ゲーム実況らーら

OPENREC: らーら

PICK UP

NEW POST

CATEGORY

AD

ARCHIVE